アコムのむじんくんからの審査で在籍確認はある?

もちろんあります。アコムの借り方として、在籍確認はアコムだけではなく、消費者金融から銀行といった貸金業者すべての大切な審査になりますので、業者にとっては欠かすことができない作業です。この在籍確認は申し込みをした本人が本当に申告した通りの場所で勤めているのかを確認する作業であり、特に本人が出ないといけないわけではありません。1分ほどで終わる作業です。お金を借りるときに嫌なこととしてよく知られていますが、欠かせない作業になりますので、覚悟をして受けましょう。

その在籍確認はアコムのむじんくんを利用しているときにも行われます。直接店舗に行って申し込みをした時も、電話やインターネットから事前に申し込みをしたときにも同じようにむじんくんの前で在籍確認は行われます。ただオペレーターがしているやりとりを、目の前で聞くようなことではありませんので安心してください。そんなに時間が掛かる作業ではありませんので、あまり緊張しなくても良いでしょう。

在籍確認は確かに貸金業者にとってみれば欠かせない審査になっていますが、その他にも大切な作業があります。業者独自の与信の判断、また金融に関する情報が掲載されている個人信用情報機関に照合して判断もしています。すべてを総合的に見て、総括して融資の判断がされますので、在籍確認だけできればキャッシングが可能になるわけではありません。ただ在籍確認の作業に入ったことは融資の可能性が高く、最後の壁ですので融資はすぐそこです。

 

総量規制なしのカードローンを利用したときの体験談

生活費が足りなくなってしまった時、給料日までの生活費を確保するために楽天銀行カードローンに申し込みを行ってお金を借りました。
楽天銀行カードローンを選んだ理由は、すでに楽天銀行の普通預金口座を持っていたことや楽天の通販サービスを普段からよく利用していたこと、ネット銀行のローン商品などで低金利かつ実店舗への来店不要で契約ができるということ、そして総量規制対象外の商品だったということが決め手になりました。

消費者金融のキャッシングも審査が早いという点では魅力的でしたが、総量規制の対象のサービスということで、5万借りるなど、少額の限度額でしか契約ができないということがネックとなって、申し込みは見送りました。

申し込みは楽天銀行の公式ホームページにあるバーナーから専用フォームへと移動し、パソコンから行いました。
申し込みをしたのは平日の夜間であり、一般的な銀行のカードローンは申し込みができない時間帯だったので、この時に楽天銀行の利便性を強く感じました。

申し込みを行ってから2日後に職場に電話があったのですが、単なる在籍確認だけだったので、短時間で済みましたし、担当の方の個人名義での電話だったので、特に職場の人に怪しまれずに済みました。

電話確認があった翌日には審査を通過したと連絡があり、手続きをして、早速振込でのキャッシングができました。
自分の楽天銀行の口座に振り込みをしてもらったのですが、手続きをしてすぐに振り込まれたので、そのスピード感に感動しました。

 

銀行でお金を借りる方法

銀行でお金を借りる方法としては、古い時代では担保などを必要としていて、保証人を用意することが前提でした。しかし、現在ではカードローンというものがあり、以前よりも借りやすいサービスを充実させている銀行が増えていることが特徴です。借りる方法に関しては、おまとめローンを使うと便利になり、ウェブサイトから申し込みを行う方法があります。必要事項を入力し、必要に応じて書類などを送付することで簡単に審査を済ませることができます。審査基準に関しては、他社からの多額の借り入れが無い方や、定収入を得ている方の場合では、その殆どがスムーズに利用することができます。職場への在籍確認も必要とされているので、申し込みを行う方ならば、職場が営業をしている日程で申し込みを行うと、短時間にて審査を済ませることができます。銀行でお金を借りる場合では、一般的なキャッシングとは異なり、リボルビング払いで返済をしていくことになります。また、銀行系であれば総量規制の対象外とされているので、基本は年収額に関わらず、定められた限度額まで借り入れを行うことができます。肝心になることとしては、審査を通過できるかどうかの問題があります。この内容に関しては、信用調査会社などにブラックリストとして載っていない限り、大きな心配をせずに審査を受けることができます。24時間いつでもキャッシングすることができるので、提携しているATMを使うことで、非常に便利にお金を用意することができます。