結婚式の費用のお金を借りる前に考えたいこと

結婚はゴールインと表現されることもありますが、現実にはスタートです。結婚した直後のお祝いムードが終われば待っているのはリアルな生活です。生活していくには当然お金が必要になります。スタート時点で借金があればマイナスからのスタートになるのだということをしっかり認識しないと、楽しいはずの結婚生活が悲惨なものになりがちです。結婚式といっても小規模な式や写真撮影だけの式など、いまは色々な結婚式の方法があります。身にあった方法を選ぶのが一番です。誰が結婚式を挙げたがっているのかということにもよりますが、もしも親の希望で式を挙げたい場合には費用も出してもらうことも考えられます。出してもらうのでなくても親からお金借りるという方法もあります。口を出すなら費用も、というわけですね。もしも夫婦のうちどちらかの希望であれば、現在の貯蓄額、将来入ってくるはずの金額などを冷静に判断して決めることをお勧めします。ただ夢だから、などの曖昧な理由で決行すると、のちのちに喧嘩の原因になりやすいです。ウェディングドレス50万もしたなあ、などという思い出は生活が苦しくなると恨み節に変わりやすいです。銀行でお金を借りる場合、結婚式のためという理由ではかなり難しいことが多いです。貸す側にとっては、結婚式のようなシーンで借金しようとする計画性のない人間には貸したくないと思われてしまうのです。そうなると利息の高いところからお金を借りることになり、ますます結婚生活の障害になりやすいです。お二人で貯金を作ってから式を挙げるのでも遅くはありません。正直、結婚式で借金を、と考えるようなタイプは結婚生活を長く継続できるか不安があるので、離婚となれば式が無駄になってしまう危険性があります。お金を借りる前に、どうぞご自分にとって結婚式が本当に可能か、必要か、考えてから借金をするようにしてください。

 

Cato